カラコンの安全性

以前、日本でカラコンブームが勃発した頃には、あまり品質の良いものは出回っていなかったようです。それに伴って、目にトラブルを訴える方が続出してしまいました。中でも多かった例が、カラコンの中にある着色料が溶け出してしまい、目に炎症が起こるというものです。

このようなトラブルが連続してしまえば厚生労働省も見過ごせなくなります。そして、このようなトラブルを回避するために2009年にはカラコンを「高度管理医療機器」として薬事法による規制を設けました。これによって販売者側は「都道府県知事の販売業の許可」「販売管理者の設置」が義務付けられ、粗悪な商品が出回りづらくなりました。しかし、それでもなおカラコンによるトラブルは発生しています。

しかし、それらのほとんどは商品自体に問題があるのではなく利用者の利用方法に問題があるというものでした。もちろん、コンタクトレンズ本体の危険性もあるのですが、カラコンについてよく知らずに他人が付けているのを見て、見よう見まねで自分も使い始めてしまう利用者は多いです。正しいカラコンを入手するだけでなく、やってはいけないことを把握しておくなど利用者自身も正しい知識をもって使うことが大切です。